心にひっかかること

週末、武蔵野美術大学 芸術祭2015に行ってきました。

武蔵野美術大学-芸祭

息子がムサビの小学生向けのサークルにはいっているので、
芸祭パレードに参加しに行ってきました♪

さすが美術大学。
会場案内や展示紹介が素敵な本でした.。.:*♡

musabi-book1

musabi-book2

 

息子のパレードまでの時間待ち。
いろいろ展示をみて回りました。

とても短時間ではみれないくらい、
若い人らしい新感覚な視点の展示がたくさん。
とっても楽しませてもらいました♪

 

その中で心に残ったある学生さんの言葉。

好きなことは自分自身の最大の武器になる

心にひっかかることをみつけよう

美大って勝手なイメージだと
個性的な人たちの集まりで
己の道をガンガン突き進むように思ってしまうけど

きっと私が学生だった頃と同じで
悩んだり迷ったりしているのかな、と思える言葉。

 

心にひっかかること

私の場合は、Macでした。

まだMacが広く普及していない時に
藤井フミヤさんがMacの楽しさを語っていたのをみて、存在を知って。

その後、金融系のOLをしていた頃にウィンドウズに出会って

パソコン、おもしろい!
Macはもっとおもしろそう!

と仕事の後、専門学校でMacを勉強して。

安定の金融業界を辞める時には
親の猛反対もあったけど

きっと10年後は在宅で仕事ができるような世の中になる!

と信じて転職して
こんなあんなでw
今に至っています。

 

学生時代は目標がぼんやりしていて、
常に心が彷徨っていたけれど

DVD制作会社で働いていたときも
子育てしながら独学で勉強していたときも

何事にも夢中になれなかった私が、
熱中してがんばれたこと

褒められることが少なかった私が、
仕事を認めてもらって少しずつ自分に自信がついたこと

あの時の気持ちが心の支えになっています。

心が折れたときも

「これさえがんばれないなら、お前は何をがんばれるんだーヽ(`Д´)ノ」

と自分自身を叱咤したりして。

 

好きなことを仕事にするのは大変だと
よく言われるけど、本当にそうだと思う。

時には好きなことが嫌いになってしまったり、
つらいと思うこともあります。

でも美大出身でもない私が
デザインに関わるようなお仕事ができたのもMacのおかげ。

 

結果はどうあれ
いつか人生を振り返った時に

夢中になれることを私なりにがんばったね、
と納得できるような自分になっていたいです・.。*・☆

 

憧れの美大、堪能しましたーー♡